栄養バランス

ドッグフードに防腐剤は使われている?

賞味期限の長いドッグフードは、なぜそんなに長持ちするのでしょうか。
答えは防腐剤を使用しているからです。

一般的なドックフードには、ほぼ防腐剤や食品添加物、着色料が使用されています。
中でも有害とされているものに、エトキシキンがあります。
ドッグフードの酸化防止剤として使用されていますが、日本では使用が認められていません。
発がん性や、皮膚炎などの危険性を指摘されている物質です。
他にも、BHAと呼ばれるガソリンの酸化防止剤を食品添加物として使用している場合があります。
BHAは、膀胱がんや甲状腺がんの発がん性の危険を指摘されている物質です。
BHTと呼ばれる酸化防止剤は、本来は石油の酸化防止剤として使われていた成分です。
こちらもガンを誘発する危険性があるとされている物質です。

その他にも、亜硝酸ナトリウムや着色料など、危険な添加物や防腐剤はさまざまです。
そのほとんどが発がん性を疑われています。

犬の健康を守るためには、無添加のドックフードがおすすめです。
多少高価でも、元気に過ごしてくれるのと、安価な商品を購入して病院にかかって高額の医療費と健康を失うのとでは比べるまでもありません。
値段の安さで選ぶという事は健康の面で害があるという事になるので気をつけましょう。