栄養バランス

栄養バランスのとれたドッグフードとは

元々肉食であった犬にとって、タンパク質は欠かせない栄養素といえます。
犬にとって栄養バランスの取れたドックフードとは、タンパク質を主原料としているものといっても過言ではありません。

タンパク質といっても、肉や、魚などに含まれている動物性のタンパク質と大豆、米やトウモロコシなどに含まれている植物性のタンパク質に分けられます。
肉食だった犬にとって、穀類の消化は苦手とするところであるため、犬には動物性のタンパク質が向いています。
また、動物性のタンパク質は、植物性のものよりも、体内で消化分解されて、体の素を作るために利用しやすいメリットがあります。

ドックフードの成分表示は、成分の多いものから記載することに決まっています。
一番初めに、動物性のタンパク質である肉や魚の名前が記載されていれば、タンパク質が一番く含まれているという事になります。

犬は、人の4倍以上もタンパク質を必要とする動物です。
タンパク質とともに重要なのが必須アミノ酸です。
必須アミノ酸は、動物性タンパク質に多く含まれています。
必須アミノ酸とタンパク質が体の基礎を作り、免疫機能を高めたり、ルモンを生成するなどの役割を果たしています。
ドックフードを選ぶときには、成分表示の一番初めに、動物性のタンパク質である肉や魚の固有名詞が記載されているものを選びましょう。