栄養バランス

骨を丈夫にするドッグフードとは

骨を丈夫にする栄養素といって思いつくものには、カルシウムがあります。
犬も人間と同じように、カルシウムは必要不可欠な栄養成分です。

犬でも骨粗しょう症になったりと、カルシウムが不足するとケガや病気の原因になりかねません。
特に、子犬の成長期にカルシウムが不足すると、骨格の形成に支障をきたしてしまいます。
子犬の時期は、栄養素が十分に必要な時期なので、カルシウムも配合されている子犬用のドックフードが適しています。
犬の体格によっても、適切なカルシウムを摂取させることが必要です。
総合栄養食のドックフードには、カルシウムも適度に配合されているものがほとんどです。

骨を丈夫にするためには、カルシウムだけ摂っていれば良いという訳ではありません。
カルシウムは、リンと体内で結合することによって効果を発揮します。
必要な栄養素だからと言っても、カルシウムとリンのどちらかが過剰になってしまうと、支障をきたしてしまいます。
リンが過剰になってカルシウムが不足すると、結合する相手のいないリンが骨からカルシウムを吸収してしまい、骨がもろくなります。
v 逆にカルシウムがリンよりも過剰になりすぎると、カルシウムが内臓に付着してしまいます。
カルシウムは、一度内臓に付着すると取れません。
ドックフードで十分足りていたはずのカルシウムを、不足していると思い込んでサプリメントなどで補おうとするのは危険といえます。
カルシウムの過剰摂取には特に注意が必要です。